アシナガバチ駆除を安全に行うために

アシナガバチの脅威を知ろう!~リスクを回避するための知識~

樹木の隙間に蜂の巣が!~アシナガバチ駆除を安全に行う~

ハチ

樹木の隙間は見つけにくい場所でもあるため、気づかないうちに巣が大きくなっている可能性があります。できるだけリスクを避け安全にアシナガバチ駆除を行うためには、まずはアシナガバチの特徴を確認して対策を行ないましょう。

アシナガバチと巣の特徴


アシナガバチはスズメバチのように攻撃性が高いの?
どちらも同じくらい攻撃性が高いといえます。この2種類のハチが持つ攻撃性の違いとしては、アシナガバチは繁殖期にかけて徐々に攻撃性が増していくという点でしょう。嬢王蜂を守るためであったり、巣を守るためだったり攻撃性が増す理由はいくつかあります。
巣の特徴について教えてください
スズメバチは何層も重なった大きな巣を作ります。巣に無数の出入り口などを作るのが特徴的といえるでしょう。また、巣が大きくなるとトラブルが起こる可能性が高くなるのでアシナガバチ駆除は早めに行いましょう。
スズメバチよりも毒性は弱いの?
毒に関してはスズメバチより弱いとして知られています。しかし、アナフィラキシーショックという症状を発症しやすいという点をみるとスズメバチよりも危険といえるでしょう。またスズメバチに刺されるよりも、刺された時の痛みが激しいという特徴を持っています。

アシナガバチの種類

セグロアシナガバチ
このハチは日本では北海道以外の全国に生息しているとされています。特徴としては背中の黒い独特な模様が斑紋状になっていることです。
キアシナガバチ
日本全国に分布しています。体の色は黄色味がやや強いのが特徴的です。またアシナガバチの中でも攻撃性が強いといわれているので注意しましょう。
フタモンアシナガバチ
足が暗いオレンジ色で、全体的に黒い体をしており、黄色い線や点が少し見られるのが特徴的なハチです。市街地などでよく見かけることがあるので見かけたら念のため距離をおきましょう。
コアシナガバチ
体長は大きくはなく、小型な部類のハチです。人目の付かない林などを住処として好む傾向があります。大きな葉っぱの裏に独特な形をした巣を作ります。

アシナガバチの特徴や種類を把握しておくだけで安全にアシナガバチ駆除をすることができるようになるでしょう。特に攻撃性や習性などを知ることができれば、適切な対処をとることができるようになるので刺されるなどのリスクを回避できます。また、アシナガバチ駆除などの対処などもお忘れのないようにしてください。

アシナガバチはアナフィラキシーショックに気をつける

アシナガバチはスズメバチと比べて毒性は弱いでですが、アナフィラキシーショックの被害に遭う人は多い傾向にあります。一度でも刺されるだけで命の危険に晒されることもあるので、必ず業者にアシナガバチ駆除を行ってもらいましょう。業者利用の流れを把握しておくと安心です。

アナフィラキシーショックについてのQ&A


一度でも蜂に刺されるとアナフィラキシーショックを起こすの?
一度刺されただけでアナフィラキシーショックで亡くなられる方もいます。また二度目でも同様に酷いアレルギー症状を起こすことがあります。そのため、一番安全なのは刺されないように対策をしておくことだといえるでしょう。
アナフィラキシーショックになるとどんな症状が出ますか?
冷や汗やめまいなどの症状が起こります。この症状が起きたら深刻な状態になる可能性があるので、すぐに病院へいくことを考えるようにしてください。アナフィラキシーショックで年間20人近くの人が命を失っているといわれており危険です。命を守るためにも、アシナガバチ駆除などは積極的に行いましょう。

ハチに刺されることによって体に抗体ができます。この抗体が過剰反応することによって死に至るケースが多いため、ハチに刺されないように注意を払い対策する必要があるでしょう。

TOPボタン